つらつら草~平行読書中。

主に読んだ本のことについて書くと思います。

山と海の異形たち

山海経……『せんがいきょう』、または『さんかいけい』と読むらしい。

 

表紙の説明には、

「中国古代の地理書。著者は不詳。最も古い部分は

戦国時代(紀元前5‐3世紀)に成立し、

その後、秦・漢(紀元前3‐後3世紀)にわたって

他の部分がつぎつぎと付加されていったとされる。

洛陽周辺の山々と、そこから四方に伸びる

山脈を考えた「五臓山経」、その周囲に存在すると

考えられた国々のことを記した

「海外経」「海内経」など、18巻よりなる。

各地の山川に産する草木・鳥獣・虫魚、

そこに住む鬼神・怪物の記述は空想的かつ怪異な

ものが多く、中国の古代神話を知るうえで

貴重である。晋の郭璞(かくはく)が注を加え、

清の郝懿行(かくいこう)によりさらに詳細な

注と校定がなされた。」

とある。

 

山海経―中国古代の神話世界 (平凡社ライブラリー)

山海経―中国古代の神話世界 (平凡社ライブラリー)

 

 怪力乱神を語る。